FC2ブログ
歌詞語り第2段 
怒涛の日々を過ごしていたら、ずいぶん間が空いてしまいました
もう5月終わっちゃうよ……

それでは気を取り直して、歌詞語り第2段!!
今日はcelestaria*さん5周年企画『終わらない蒼の彼方へ』に提出した歌詞について語ってみたいと思います
特設サイト:http://celestaria.fem.jp/project/s05/index.html

櫻花奇譚の時もそうだったのですが、奏さんは作詞先行で楽曲を作られる方なので、曲よりも先に歌詞を制作いたしました
作詞先行でやるのは結構珍しいので、とてもいい経験になります
(*´ω`)
どんな曲が出来上がるのかなぁと毎回ワクワクしながら待っています!

そして今回、ちょっと変わった手法で作詞をしております!!
と言いますのも、『詩』をお題に作詞をしているのです
『少年が見た空』というテーマを元に書かれた詩が4つありまして、私はその中の1つ『azure』を元に、作詞をいたしました
少年が見た空(テーマ)←詩←歌詞
みたいな図式を思い浮かべてもらえると……
ちなみに『azure』は『終わらない蒼の彼方へ』のDisc2-track3に、朗読として収録されています!

で、土台となった詩がですね、とっても素敵なんですよ!!
とても短い文字の中に、淡く透明感のある世界観と繊細な感情の動きが詰まっているんです
ええ、おかげさまで作詞するときドッキドキでした!
詩のイメージをぶち壊しにしないように、一生懸命言葉を選んでおります
詩を私なりに解釈して歌詞を書いているので、私の主観で見た詩の世界が文字に表れています
そうして出来上がったのが『蒼へのきざはし』という歌詞です

以下、ちょっと歌詞内容に触れるので恒例の追記へ
興味のある方はどうぞ!
途方もなく高く、広く、蒼い空を眺める
飛びたい、けれど飛べない、
でも本当は飛び方を知っている
焦れながら、諦めていた
けど、もうすぐ何かが変わる予感がする

こんな感じの、なんていいますか、なんともいえない感情を歌詞に込めてみました
全体的に後ろ向きな感じなのですが、何かが変わりそうな予感……希望をラストに持ってきています
色々悩みながら書いたのですが、結構良くできたんじゃないかと……!!(自画自賛しちゃう(笑)
お気に入りの言い回しとかがあるんですよ!!
文字の並びも、なんだか自分らしさが出ている気がします

あとこの歌詞にはちょっとしたこだわりがありまして、とある言葉をあえて歌詞やタイトルには書きませんでした
別の言葉で言い換えています
CDを手にされた方は、その言葉がなんなのか考えてみてください……!

あとはタイトルについても思い出がありまして……
『蒼へのきざはし』というタイトル
意味的には空へ続く階段って感じでつけました
で、このタイトルが決まったのが奏さんに歌詞提出メールを書いている時でした
ええ、そうです

土 壇 場 で 決 め た

いや、提出メールを書いているときは違うタイトルだったんですよ
でもなんかいまいちしっくりこなくて……
で、メールを書いているときにタイトルの神様が降臨されたので、慌ててタイトルを書き直しました
こっちにしてよかったー!!

毎回タイトルには悩むんですよねぇ……
むしろタイトルがラスボス

そんなこんなで、以上歌詞語りでした!!
CD、ホントに素敵なので是非お手に取って見てくださいな(*´ω`)

次回は第3段ということで、追憶の迷子について、あんまり日を開けずに書きたいなぁ
スポンサーサイト



 

秘密にする

 
トラックバックURL
http://tanebito.blog137.fc2.com/tb.php/74-6848862d