FC2ブログ
『シノニム-境界の砂時計短編集-』企画スタートしました 
こんばんは、蒼風そうかです。
いよいよ11月11日に『シノニム-境界の砂時計短編集-』を公開致しました。
思えばGW終わったあとくらいに企画書をもりもり書き、初めて他の方にご依頼をし、イベントにも参加し、ようやく公開にまでたどり着きました。
ここまで長かったようで、振り返ってみるとあっという間でした。
こうも勢いのままに突き進むとは思ってもいなかったのですが、これも一緒に頑張ってくださったスタッフさんや応援してくださった方々のおかげだと思います。
改めましてありがとうございました。
そして、なんだか終わったような気持ちでいるのですが、実はこれが始まりなんですよね、びっくり。
水面下ではちょっとずつ次の話も動き出しています。
あと11日に公開したかったけれど間に合わなかったもの等もありますので、それについては11月いっぱいをかけてのんびり更新していきたいと思います。
本当は今日もちょっと更新作業をしたかったのですが、私が久しぶりに酷い風邪を引きましてダウンしました……
この土日寝てる以外ほとんど何もしていないです、おおう……
でも色々イベント終わったあとでのダウンで良かった。


そんなこんな色々ありますが、ここで改めましてシノニムスタッフさんのご紹介等を行いたいと思います。
いっぺんに行ってしまうととっても長くなってしまうので、今回は楽曲を制作して頂いたお二人を!


▽真島こころさん
『プロローグ』と『傷口と痛みの意味』の意味の楽曲を作成して頂きました。
実を言いますと、この企画を立ち上げた当初から『プロローグ』は絶対真島さんにお願いする!と決めておりました。
私が真島さんの音楽を知ったのは、2年ほど前の秋M3で購入した『タオ~時は線路を越えて~』を聞いてからなのですが、
感情を揺さぶるような強い想いがピアノの音から伝わってきて、この人の音楽は本当にすごいなぁ、いつか楽曲のご依頼したいなぁと思っておりました。
その後真島さんはしばらく活動を休止されていて、ちょっとしょんぼりしていたのですが、少し前にまた活動を再開されており、これはチャンス!と思い今回ご依頼をした次第でした。
念願叶って『プロローグ』と、せっかくだからもう1曲!と思って『傷口と痛みの意味』の2曲作って頂いたのですが、
どちらも物語とぴったりの曲を作って頂けて感激しました。
『プロローグ』は全ての始まりと言いますか、その時の某彼の心情を少しだけ描いたものなのですが、
言葉だけでは伝わらない部分を音楽面が代弁してくれているのではないかなぁと思います。

【曇り空に一筋光が見えるように、無機質なものに熱が宿るように、白黒の世界に色彩が滲むように】

上は実際に真島さんにお送りした楽曲イメージ資料の一部なのですが、
こういう抽象的な言葉からぴったりの曲を作って頂けて、
真島さんすごいです……と頂いた楽曲を聞いたとき心の底からそう思いました。
ちなみに『傷口と痛みの意味』はこんなイメージ文がありました。

【水色の上に灰色は滲む。優しさの上に見え隠れする暗闇。今はまだ触れられない。けれど、思いは伝えられるから】

これもこのイメージ文や物語にぴったりで、
音楽を聞いているだけなのに登場人物二人がよろよろしつつ、たまに転びながらも二人三脚をしているシーンが頭の中に浮かびました。
元々私の中で依頼する前の音楽はこういうイメージ、というとっても輪郭のぼやけた感じのものしか考えていなかったのですが、
実際に頂いた楽曲は私の想像以上に物語に合っていて、とても驚いたのを覚えています。

そーんな真島さんの音楽は、真島さんのサイトで色々聞けちゃいます!
http://flower-prayer.com/
きっと素敵な曲と出会えると思いますので、ぜひぜひ聞いてみてください(*´ω`)
私が真島さんの楽曲と出会うきっかけになった『タオ~時は線路を越えて~』に収録されていた楽曲も一部聞けますので、
それも探してみてくださいませ。


▽みなづきさん
『こんな天気のいい日には』の編曲をお願い致しました。
みなづきさんとはtwitter上で私が「どなたか編曲してくださぁぁぁぁぁい!」とゆるーく募集していたところ、
お声をかけて頂いたのをきっかけに今回編曲をお願い致しました。
みなづきさん自体は普段カラフルポップで電子音多めな可愛い曲を作られているのですが、
サンプルとして頂いたデータの中には情景的な音楽もあって、
実はなんでも作れちゃう感じの方でした。すごい……
みなづきさんは今回の『こんな天気のいい日には』が初編曲だったそうなのですが、
そんな気配を微塵も感じさせない仕上がり具合を見せてくださいました。
制作期間中、何度も楽曲のやりとりをしていたのですが、
毎回毎回、楽曲が進化して返ってくるんですよ……!!
ざっくりこんな雰囲気でーす、というデータを頂いた時点できらきら光の粒子が見える素敵な感じだったのですが、
そこから細かい音の動きが追加され、間奏が追加され、ボーカル簡易ミックスverが届き、更にハモリも追加され、
最終的な形になったのが今公開しているverでした。
いっぱい進化してますよこの曲。
そもそも私が作曲した時点のデータではワンコーラスで、メロディとコード進行ちょっと付いたというMIDIだったのですが、
あれがこんな素敵な楽曲になろうとは思いもしなかったです。
ちなみに編曲前のデータはこちらでこっそり公開中。
これが、あれになるんですよ!!

http://tmbox.net/pl/396443

なんかこう、振り返ってみるとすーごくみなづきさんには色々お世話になっていて(特にM3前後)、
私の知識不足等からご迷惑も色々かけてしまったところもあるのですが、
本当にこの楽曲の編曲をお願いすることができて良かったなぁと思います。
そしてまだまだお世話になる気満々ですが、宜しくお願いします……!!
ちなみに『こんな天気のいい日には』を最後まで読んで頂けましたでしょうか?|∀・)?
最後まで読んで頂いた方にはちょっとしたオマケを聞くことができますので、是非!
あのデータもみなづきさんがオマケでつけてくださったデータなのですが、
とっても可愛くてお気に入りです。
なにやらみなづきさんの手にかかると電波verとかも作れちゃうらしく、そっちは聞いてみたいような、聞いてみたくないようなー(笑)

そーんなみなづきさんのサイトはこちらでーす!
http://paranoid-surround.jimdo.com/
『こんな天気のいい日には』とはガラッと印象が変わるような楽曲が聞けちゃいますよ。


今回は一旦ここまで。
色々お願いしちゃっている篠子さんのご紹介は次回にー。
実は今、篠子さんにお願いしていることがありまして。
それが公開できたらご紹介したいなぁと思います。
来週には更新できるかなぁと思いますので、どうぞお楽しみに。